読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

夢はまだずっと遠くて

 

いまでも不思議に思うことがある。

9年前のあの日、偶然なのか必然なのか集められたメンバーたち。

彼らに出会えたあの日のこと。

音楽番組の生中継で1人ずつ名前を言っていたのを、ぼんやり見ていたあの日の自分のこと。

 

遠い遠いいつかの未来のきみたちは、どんな顔で、どんな世界で、どんなふうに笑ってるかな。

好きにならなきゃよかったって思うこともあった。アイドルなんて、ジャニーズなんて、って思うこともあった。いろんな世界があって、たくさんの好きがあって。適度な距離のまま応援できればそれでいいやって思うこともあった。

私が応援しなくても、彼らはきっと輝ける。羽ばたける。いつかきっと国民的アイドルになる。そんな根拠の無い、けれど確かな予感はずっと胸にある。

未熟で、まだまだで。そんなふうに彼らを形容し続ける自分こそが、変化についていけていないだけのちっぽけな存在のように思えてくる。彼らは変わったんだろうか。それとも、わたしが変わったんだろうか。

たとえ世界の果てだって行ける気がする、と高らかに歌う彼らの声。いまでも覚えてる、あの日やっと見つけ出せた、大事な大事な宝物のような9人。

 

わたしの青春は、いつかきっと終わりがくる。

前を向いて、ひたむきに、日々をこなすような毎日がやってくる。そうだとしたなら、わたしの青春は、ずっときみたちが持っていてはくれないだろうか。預けていていいだろうか。甘えていていいだろうか。まだまだだな、って、頑張ろう、って思うための若さを、ずっときみたちに任せていてもいいだろうか。

 

私の見えないところで、知らないところで、メンバーたちがメンバーたちらしく、それぞれ変わっていった。

さみしいとは思わない。なんでかな。遠くに行ったとも、思わない。彼らは彼らなりに、たぶん、変わっていないように見せかけてくれている。14歳くらいのまんま、変わってないって思える様にしてくれている。なつかしいという感情をいまだにくすぐってくる。

 

好きだっておもうことは、きっとなによりかけがえのない感情なんだと思うようになったのは、きみたちがいたからだった。

純粋に、きみたちを見ていたい、好きだってこんなに思えるのは、信じられるのは、なんでなのか、不思議に思うよ。

 

痛みも希望も抱えて、少しずつ大人になるその背中に、ずっとずっとエールを送ります。

たくさんの愛をありがとう。

たとえいつかまぶしくて見えなくなったとしても、それぞれのやり方で信じた道を進んでくれるなら、わたしはそれでいいんだ。

かっこいいきみたちも、かわいいきみたちも、ぜんぶまるごとありのままのきみたちでいて。

 

愛が導いてゆく先が、壁という名の扉を開いた先が、どうかどうか、きみたちを包む柔らかな未来でありますように。

 

Hey! Say! JUMP 9周年おめでとう!

ずっとそばにいてくれて、ありがとう。

10年目のこれからも、同じ歩幅で1歩ずつ、歩み続けて。

いつか、でっかい花火見せてください。

待ってるよ。

 

 

阪神奈川間の夜行バスから愛をこめて

2016/09/24 Hey! Say! JUMP山田涼介担 しらゆき

 

傷心ジャニオタの東北弾丸一人旅〜後編〜


 

〜これまでのあらすじ〜

ジャニオタ休むわぁ→SMAP解散報道→もうムリマジ病みジャニオタやめたぃょ……→東北いこ→高畑裕太逮捕←イマココ!

 

山形の親友にあった瞬間のジャニオタの一言

「ジャニオタやめたい!!!!!!」

非ジャニオタの友人に晩御飯を作ってもらってお風呂に入ったら少し落ち着いて、いろいろ話を聞いてもらううちになんとなく心の整理をつけました。

それはそれ、これはこれ。

事件はひとつの事件として、いるのは被害者と加害者で。わたしたちが周りからとやかく言うべきじゃないこともたくさんある。だからわたしが願う事は、被害者のこれからの心のケアと、悲しみの輪がこれ以上広がらないこと。

その日は、親友と高校時代の思い出話に花を咲かせて眠りました。幸せだった〜。

 

翌日、朝ごはんを食べてから早く山形駅に帰還して親友とはお別れ。一瞬の再会……


f:id:shirayuki221:20160827032752j:image

  山形から仙台までもういっかい高速バスで戻りました。ちなみに、結論から言うとチャンカパーナなかった。

チャンカパーナなかったです……


f:id:shirayuki221:20160827032925j:image

朝方の高速バス乗り場はなんだか風情があってよかった。チャンカパーナはなかった。

 


f:id:shirayuki221:20160827033002j:image

仙台から新幹線に乗って向かったのは、宮沢賢治の里・新花巻!


f:id:shirayuki221:20160827033010j:image

駅の周りはすでに賢治一色!タクシーに乗り込んで宮沢賢治文学館に向かいます。タクシーの運転手さんが宮沢賢治のことを「賢治さん」って呼んでるのすごく良かった。


f:id:shirayuki221:20160827033216j:image


f:id:shirayuki221:20160827033234j:image

 

入口からしてめちゃかわいい〜!!!!ほんとは間に挟まりたかったけどセルフタイマーできる場所がなかったから断念……わたしも猫の事務所入りたかったよ……

 

館内は撮影禁止だったんですが、今回は期間限定で宮沢賢治の「雨ニモマケズ手帳」が公開されてました。生誕150周年だったかな?せっかくなので近くでまじまじと見させてもらったんですけど、賢治さんの優しい字になんだかこころが休まった気がします。

 


f:id:shirayuki221:20160827033401j:image

 

次はー、銀河ステーション、銀河ステーション

賢治記念館の周りには、他に宮沢賢治童話村とイーハトーブ館っていうのがありまして。わたしは無料シャトルバスに乗って先に童話村に来ました。


f:id:shirayuki221:20160827033744j:image


f:id:shirayuki221:20160827033759j:image


 ここがめっちゃよかったんだわ……

 


f:id:shirayuki221:20160827033922j:image

f:id:shirayuki221:20160827033910j:image

 
f:id:shirayuki221:20160827033934j:image

あのね……………………ほんとに綺麗で…………ナレーションもすごくよくて…………賢治の見つめてきた世界をそのまま見つめてるような気持ちになりました……。写真じゃ伝わらないから絶対生で見て欲しい……。

 

あとね……ちなみになんだけど……目の前のカップルが最初の椅子のところでいちゃつき出して全然写真取れなくてさ……

セルフタイマーしたろうか????はしゃぐぞ????

って気持ちでした。私だってチャンカパーナ成功してたらいまごろその椅子座って2人で撮影会ごっこしてたわ。ばーかばーか。どうでもいいけどチャンカパーナって成功とか失敗とかなの??

 


f:id:shirayuki221:20160827034403j:image


f:id:shirayuki221:20160827034413j:image


f:id:shirayuki221:20160827033819j:image

 

きらきらした賢治世界は子供のうちに体験しておきたかったなぁ〜。

ライトアップあるらしいので、後ろ髪引かれながら童話村をあとにしました。どーせカップルいっぱいなんでしょ!!!!知ってる!!!!だってめっちゃきれいやもん!

!!!

ここからイーハトーブ館を目指します。

 

 

目指し…………

 

 


f:id:shirayuki221:20160827034631j:image

 

めちゃ坂!!!!!!!!え?!?!?!なに?!?!?

 

めちゃ坂やった……びびる……ほんとびびるから……賢治さんどういうこと……賢治さんの世界を知るためには坂を登らなあかんってこと……??むずかしい……

 


f:id:shirayuki221:20160827035230j:image

 

ジャニオタ、疲れる(※体育会系部活)

この佇む姿……悲壮感……

 

え??

あ、言った方がいいですかね?セルフタイマーですね。

 


f:id:shirayuki221:20160827035503j:image

 


f:id:shirayuki221:20160827035517j:image

 
イーハトーブ館のあとは、山猫軒へ!かの「注文の多い料理店」を再現したお店です。


f:id:shirayuki221:20160827035734j:image

 

美味かった〜青リンゴジュース!

自分も食べられるのか最後までヒヤヒヤしてたんですけど食べられませんでした。よかった。


f:id:shirayuki221:20160827040012j:image

 

お土産で買ったのがりんごのネックレスなんですよ〜かわいい!賢治が作品の中で宇宙を林檎に例えたことがあって、それを思い出して感動して買ってしまった……しかもいっこずつハンドメイドだったよ……まだあるかなあ、あったらぜひ!

 


f:id:shirayuki221:20160827040305j:image

 
f:id:shirayuki221:20160827040313j:image

f:id:shirayuki221:20160827040339j:image

 新花巻駅から見えた空すんごく綺麗でした……。

 

ここから再び仙台に戻り、仙台大阪間の夜行バスで帰りました。リッチなやつだった……三列シートで隣との間にカーテン引けるヤツ……

朝8時頃大阪について、11時からバイトいきました。

バイト行きました………

バイト終わってがっっっっっつり寝た。

そして目が覚めた!あれ?!またバイトだ!!!!!

圧倒的アホスケジュール……←イマココ!

 

東北いって学んだこと、考えたことたくさんあって、いろんな人としゃべって、言葉にしようと思っても、胸いっぱいで言葉にならなくて。

 

でもね、太宰の言葉ですとんと胸に落ちたものがありました。

 

好き嫌ひは理窟ぢや無いんだ。あなたに助けられたから好きといふわけでも無いし、あなたが風流人だから好きといふのでも無い。ただ、ふつと好きなんだ。

 

 

 むずかしく考えてうじうじしてる自分にどんと響く言葉で、太宰疎開の家でひとり涙をこらえました。

結局、こんな遠くに来てまで、部活休んでひとりになってまで、考えるのは大好きな山田くんのこと、小山くんのこと。なにしてんだろな、って思うのと同時に、ここまで好きになれる人なんて早々いないんじゃないかって。

 

不祥事とか、落ち込むこととか、つらいこととか、これまでもたくさんあったし、これからもあるんだろうけど、その度に落ち込んで、泣いて笑ってくよくよして、それでもやっぱり辛いほど好きだって思えるなら、もう彼らの背中を追うしかないんだと思います。

 

背中を押してくれるのは、山田くん。

手を引いてくれるのは、小山くん。

 

 いろんな人に心配とご迷惑おかけしましたが、これからも、彼らのたどる軌跡を見届けようと思います。これが、24時間テレビ前に出せた私の答えです。

愛は地球を救う!!!!!

 


f:id:shirayuki221:20160827154252j:image

仙台の牛タンめっちゃ美味かったです!!!!!!!!またいくよ、東北〜!

 

傷心ジャニオタの東北弾丸一人旅〜前編〜

 

〜これまでのあらすじ〜

生活におけるジャニオタの割合がちょっとおっきすぎて疲れるから24時間テレビまでお休みしよーっと→SMAP解散報道→もうムリマジ病みジャニオタやめたぃょ……→東北いこ←イマココ!

 

フットワークの軽さで言ったらジャニオタって本当謎のポテンシャルの高さを発揮するなって思いました。こんばんはしらゆきです。

今回の旅の目的は文学館巡り&山形の親友に会う&自分を見つめ直すという感じで。最後の1個重いね。隣の人が激しくポケモンgoする夜行バスの座席からお送りします。

粉門帝国こと大阪からお土産片手に飛び乗った新幹線で東京に向かい、関東在住の家族と晩御飯を食べ、そのまま夜行バスで青森県五所川原ってところにゴーアウェイしました。豪雨と爆風伴う台風さんを追いかける形です

。日程がアホ。
f:id:shirayuki221:20160824204450j:image

乗り込んだパンダ号にパンダ要素はひとつもなかった。
f:id:shirayuki221:20160824204539j:image

到着した五所川原駅
f:id:shirayuki221:20160824204621j:image

かと思いきや乗るのは津軽五所川原なのでこっちでした。改札が開いてないという青森の洗礼を受けおにぎり食べながら待合室で待機。受験勉強してる女子高生を見てました。生足が眩しい。


f:id:shirayuki221:20160824204801j:image
f:id:shirayuki221:20160824204824j:image
f:id:shirayuki221:20160824204833j:image

生まれて初めて硬券を手にしてはしゃいでいるのも束の間、電車が来たらしく改札が開きました。ぱちんってされた。ぱちんってされた………………!


f:id:shirayuki221:20160824204953j:image
f:id:shirayuki221:20160824205025j:image
乗ったのは走れメロス号。走るのはメロスじゃなくて電車だけどなんだか微笑ましい。さっきの女子高生も友達と合流してこの電車に乗っていきました。沿線の農業高校の生徒らしいです。


f:id:shirayuki221:20160824205158j:image

降りたのは金木駅太宰治が生まれ育った街です。


f:id:shirayuki221:20160824205245j:image


f:id:shirayuki221:20160824205322j:image
f:id:shirayuki221:20160824205402j:image
f:id:shirayuki221:20160824205427j:image


ぐんぐんひたすらとにかく歩く。


f:id:shirayuki221:20160824205541j:image

着いたよ!!!!!太宰治文学館・「斜陽館」!!!!!

開館とほぼ同時くらいに行ったのでお客さんもまばらどころか貸切状態で、わたし、大はしゃぎ。


f:id:shirayuki221:20160824205658j:image
f:id:shirayuki221:20160824205950j:image
f:id:shirayuki221:20160824210019j:image
f:id:shirayuki221:20160824210017j:image
f:id:shirayuki221:20160824210056j:image

あのね、クソ豪邸

なにこれ?って感じ。え?家?って感じだった。ちょっとした大使館みたいな感じ。ちょっとした大使館ってなんだよって感じだけど。一階は和室で二階は洋間でなんかめっちゃ広いし庭めっちゃある。蔵とかある。ほんとちょっとした大使館って感じ。(?)太宰が着てた服とか、使ってた物とかももちろん展示されてて、見ごたえありました。


f:id:shirayuki221:20160824210356j:image

太宰治マントを着てはしゃぐジャニオタの図。お察しの通りタイマー機能さんにお世話になってます。めちゃ寂しかった。

 

その後すぐに修学旅行生がわらわらやって来たので、ポストカード約5000円分(!)を買ってそそくさと退散。入館料メチャ安かったのにポストカード買いすぎ問題。いいのいいの。


f:id:shirayuki221:20160824210717j:image

f:id:shirayuki221:20160824210724j:image

メロス通りをてくてく行くと太宰治疎開の家に着きます。

中に入るといい感じに訛ったいい感じのお兄さんが迎えてくれて、太宰がこの離れに疎開するに至った経緯やそこでの出来事などを丁寧に教えてくれました。偶然会った中国人と2人でふんふん聞いてました。ジンと来たし、いい感じのお兄さんの朗読がいい感じなんだわ。泣きそうでした。


f:id:shirayuki221:20160824211525j:image


f:id:shirayuki221:20160824211536j:image

f:id:shirayuki221:20160824211008j:image

2枚目3枚目は太宰の疎開当時の書斎です。座ると文才が上がるらしいので、早速坐って中国人に写真を撮ってもらいました!!!!!異文化交流!!!いえーーーい!!!!


f:id:shirayuki221:20160824211235j:image

ごめん、嘘。セルフタイマーだわ。

なんかねビビるくらいのスピードで中国人いなくなってたわ。さすがだなって思った。さすが隋とか建てた人たちだなって思ったわ。

哀愁漂う横顔ほんと苦笑いしか生まれないけど許してね。ピザになってるけど。

いい感じのお兄さん曰く、斜陽館には人が沢山来るけど、疎開の家にはあまり人が来なくて勿体ないそうなのでお立ち寄りの際はぜひこちらも。個人的には斜陽館よりさらに身近に太宰を感じられたかなと。あとお兄さんがいい感じだった。

お土産にポストカードを買って(また?)お店を出る時に「お昼ご飯食べるとこあります?」って聞いたら「時間あるなら隣の駅の公園の近くの喫茶店にいったらいいよ」って言われたので猛ダッシュして乗りました。 

そしたら!なんと!偶然!
f:id:shirayuki221:20160824211945j:image

太宰鉄道〜!

車内が太宰一色に染まり、太宰コンシェルジュ(?)みたいなお姉さんが乗客ひとりひとりに声をかけてくれてました。ひと駅だったからあんまりおしゃべりできなかったけど、めちゃおもろくてちょっと訛った素敵なお姉さんでした。

降りたのは芦野公園駅太宰治銅像があると聞いたので向かうことに。


f:id:shirayuki221:20160824212152j:image

ほんとにね運命ってすごいと思うの。

わたしここついた瞬間めっちゃ雨に降られた。

太宰先生め……って思いながら駅横の喫茶店向かったらまぁ晴れたよね。ほんと太宰先生め……。


f:id:shirayuki221:20160824212341j:image

昔の駅舎をそのまま喫茶店にしたので店名は「駅舎」。いいセンスです。

芦屋公園駅は太宰の作品「津軽」にも出てくるし、最近だとJR東日本の広告にも写真が使われたらしいですよ。吉永小百合が桜をバックにたってるやつ。アレ再現したかったんだけどセルフタイマーしかなかったのでやめました。


f:id:shirayuki221:20160824212546j:image


f:id:shirayuki221:20160824212601j:image

どうでもいいんですけどこれ電車待ってる時におばあさんがやってきて、どうやら地元の方らしいんですけど、話しかけられたんですよ。なんて話しかけられたと思います?

「んしょわらんほいくだ?」

え?これなんて話しかけられたと思います?わたしもわかんないです。そんで後ろから来たおじいちゃんがね、

「んしょわらんほいくだ?って聞いてっげ」

って言うから、あれ?英英辞典かな?ってなりました。

どうやら「五所川原の方に行くのか」ってことらしいかったです。津軽恐るべし。

 


f:id:shirayuki221:20160824213044j:image

五所川原に引き返したら今度はリゾートしらかみっていう特急列車に乗り込みました。家族連れや老夫婦に挟まれつつもメチャ楽しかった。


f:id:shirayuki221:20160824213146j:image

座席かわいい。ファミリー用のボックスシートもあるみたいですよ。


f:id:shirayuki221:20160824213225j:image

列車内に売店のカウンターがあります。

 
f:id:shirayuki221:20160824213312j:image

景色のアナウンスもありました。これは津軽富士!りんご畑も通りましたよ。きれかった〜


f:id:shirayuki221:20160824213152j:image

ちなみにお昼ご飯。なにもかもタコでした。


f:id:shirayuki221:20160824213419j:image


f:id:shirayuki221:20160824213431j:image

そうこうしてるうちに青森駅に到着しました。超暑い。でも久々に海が見られてはしゃぎました。青森の海は青かった〜!


f:id:shirayuki221:20160824213512j:image

 

このあと、青森から仙台まで高速バスで向かい、さらにそこから高速バスを乗り継いて親友のいる山形駅に向かいます。仙台駅めちゃ都会で焦った。東北の恐ろしさに触れた。


f:id:shirayuki221:20160824213634j:image

山形駅に向かうまでの高速バス、隣にだいぶ顔がタイプの人が座ってて、あー顔がタイプだなーチャンカパーナみたいにならねーかなーとおもっていたら、そこに入ってきた一つのニュース。

高畑裕太の逮捕でした。

 

 

次回予告

ジャニオタ、傷心旅行で大はしゃぎするも旅行中にさらに傷心?!隣に座るイケメンな彼とのチャンカパーナの行方は?!〜賢治の里・新花巻へ向かう〜

お楽しみに!!!!!!