読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

見渡す景色は変わるけれど

こんにちは!しらゆきです。

 

いつの間にやら夏がやってきて、蝉の声におもわずぐったり…

緑がまぶしいなあと思いながら、音楽を聴いて散歩するのが好きです~

 

ここ最近のジャニーズ事務所には首をかしげることが多く、

どうしたものかなあと思っているのですが、

先日のSexy Zone騒動には事務所関係なく、ただただ切ないと感じました。

担当ではないわたしが口を出す問題ではないし、

そしてわたしが一部始終知ってるわけでもないのですが、

NYCboysやB.I shadowで見てきた彼らの悲しそうな笑顔が

胸をずんと突きます。

そして、JUMPの結成やかつての格差のことを思い出し、

まだまだ小さな少年たちのあの肩にのしかかるものの大きさに

思わずため息をつきました。

彼らに、そして事務所のみなさんに、幸せがありますように。

 

 

さて、ここのところ、なぜか高木くんのことをよく

考えています(笑)

というのも、先日ネット上で見かけた

 

「高木の様子がおかしかった頃」

 

という表現にうっかり笑ってしまったからです。数時間ツボりました(笑)

もちろん、彼の一万字インタビュー・裸の時代を読めばわかりますが、

そんな一言で簡単に片づけられる時期じゃなかったということは

重々承知しています。

確かに、あの「ごくせん」前後の高木くん、わたしは苦手でした。

なにがっていうとうーんという感じなのですが、

多分JUMPより前に好きだった

KAT‐TUNの赤西君っぽさを感じていたのかも。

怖いというか、やめてしまいそうというか…

JUMPのことを冷めた目で見ていた気がしていたというか。

 

そんな気まずい時期のことを

「様子がおかしかった頃」

という謎の言葉で片づけられるくらい

丸くなった今の高木くんが、わたしはすごく好きです(笑)

タイトルに歌詞を引用した「Hands Up」、

なんとなく今までの高木くんっぽい歌ですよね。

あの子、たぶんグループ内で1.2を争うくらい天然だと思うのは

私だけかしら…?

等身大で子供っぽさを忘れない今のJUMPのエナジーを

一番出しているのは案外BESTメンバーで、

特に有岡くん・高木くんのような気が!

 

余談ですが、いのたかコンビがすごく好きです。

山ちゃんの「裕翔くん」呼びが解除されたいま、

高木くんの「伊野尾くん」呼びまでも解除されないことを

心から望みます(笑)

 

追伸:高木くんは犬で言うと、ゴールデンレトリバーのメスっぽいです