読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

「ここで途絶えたくないって」

こんにちは、しらゆきです。

 

ずいぶん間が空いてしまいました。PERSONの山田くん。

写真がとにかく綺麗なのです。

山田くん、可愛かったJr.時代の面影を残しながらも、

綺麗になりましたよね。

友人とよく話すのは、「山田くんがアンドロイドだと言われても驚かない」って話(笑)

銀髪だとなおさらですね~。綺麗。

 

「結婚っていうか、子供が欲しい。

自分の子供がどんな顔で生まれてくるんだろうって、生きているうちに見てみたいと思うよ」

 

山田くんの口から、ついにこういう言葉が出るようになったのですね。しみじみ。

女の子が苦手でうまく話せなかったあの山田くんが。

 

「愛する人と一緒に、愛した人と作り上げてきたモノを、新しい命に伝えていくというか。」

「ここで途絶えたくないっていう、変な願望があるのかもしれないな」

 

 もし人生をやり直すとしても、アイドルとしての道を選ぶといつか山田くんは言っていた。

僕にはこれ以外ないから。これ以外の生き方がわからないから。

それはファンからしたらとても嬉しい言葉だけれど、

同時にすごく切ない言葉でもありますよね。

 

山田涼介がアイドルじゃなかったら。

そんなことをふと考えると、胸がキューってしますね。

普通の高校生としての、修学旅行のバスの中でのことを「新鮮」に感じた彼。

もしかしたらわたしたちファンは、彼の大切なものを奪ってしまったのかもしれない。

 

いつか山田くんに愛する人ができて、そしてその人との子供を欲しいと感じたとき、

心の底から祝福できるファンでいたいですね。

山田イズム」を受け継いだ自分の子供の顔を見て、いとしい人と笑いあう山田くんがいる、

そういう未来があればいいなあと、ひっそり思うのでした。