読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

夢の中の光

夜です。しらゆきです

 

なんとなく、山田くんの憧れの方の事を調べていて、本当はそのグループについて書こうと思っていました。

でも、調べていくうちに、そのグループはきっと、わたしのような何も知らない者が触れてはいけないようなデリケートなグループのような気がしてきて、いまこうしてこの記事を書いています。

いつかわたしにその記事を書く勇気が出たら、書きますね。

今はまだ、自分の応援するグループ以外の事を書けるほど、余裕もないし、大人でもない。わたしが書いたその記事で、誰かのファンを傷つけることになるのかもしれないと思うと、どうしてもキーボードを打つ手が止まってしまいます。

ファンが望むこと。グループが望むこと。

それが一致することって、本当にあるのかな。

 

最近、なにかにつけて、山田涼介さんは本当に正統派なんだなと思います。

努力の天才。その言葉がこんなにしっくりくる人を、わたしは彼以外には知らない。

ミステリーヴァーシンのメイキングで、JUMPのメンバーの名前を寂しそうに呼んでいた山田くんは、今大好きなJUMPに囲まれてみんなを輝かしている。ネガティブで自分に自信が無くて気分屋さんで人見知りな山田くんを応援しているのは、やっぱり楽しいです。

でも、いつかまたNYCのときみたいに、グループに何かあったとき、わたしがJUMPから離れるときがくるのかもしれないと思うと、切なくなる。

彼の憧れる先輩の所属するグループの事を調べていたら、なんとなく不安になりました。

 

自分は何で山田担なんだろうとわたしは常々思っていますが、まだ答えは見つかりません。べつにそんな答えや理由なんていらないのだということはわかっていますけれど、それでも、どうしてわたしはこれだけ他のメンバーや優馬くんや他のグループにわんやわんや言っているのに、山田くんのうちわしか買えないのか、それが面白くて不思議なんです。ほんとに頻繁に友人からも言われます。

「なんで頑なに山田担なの?」

それが自分でもわからない。先日、わたしは黒髪が好きだということが発覚し、いやいや山田くん何年茶髪してると思ってるんだよみたいなツッコミを頂戴しました。しかも加えて、「天草流」のことは「天草流」として好きなだけであって、それを演じる山田涼介と彼はまた別物だと考えている節があることも判明し、ますますわけがわからない。要するに山田涼介を好きになるきっかけは「天草流」ではなかった?

でも「理想の息子」の鈴木大地や、「今日の日はさようなら」の原田信夫くんは、あくまで山田涼介が演じている彼らじゃないと惹かれなかったと思うんですよね。

担当っていう、ジャニーズ界隈でしか存在しない考え方に、改めて興味がわきました。

「どうしてわたしは山田担なの?」

いつかその答えが見つかったらいいな。

 

アイドルって、脆くて壊れやすい。

JUMPには、夢の中の光のうちを、歩んでいってほしいです。