読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

扉の向こう 君と行こう

こんばんは!しらゆきです

「トビラの向こう」と「脳内☆Dance」をとっとと音源化してください……無理なのはわかってます……

 

smart魂 DVD化おめでとうございます~!

Live with meのダイジェストもつくということで……買わなくちゃ……

購入に義務感を覚えるようなオタクですみません。

 

先日のリトルトーキョーライブ、山田さんが山田涼介していてとてもよかったです。

もうとりあえず良かった。よくないところがなかった。

岡本圭人だけなぜか「岡本」呼びで、伊野尾慧の台詞のどこにときめけばいいのかわからなくて、小瀧くんの山田さんを見る目が真剣そのもので、年下彼氏裕翔くんが激しく可愛くて、とにかくよかった。

「これからは、いっしょのおうちに帰りましょう」

山田さん、そんなこといったらメンバーがごっそりついてきちゃうよ。

とりあえずディズニーに行ったら山田さんのカチューシャを買おうと思います。

行く予定は今のところありません。

 

WESTとJUMPはデビューの差こそあれ、年代も入所もそこまで大差ないわけですもんね。

これからも長く続く番組になりますように。

もちろん、企画は練り直してほしいところですが。

 

 

とまあ、現在進行形でḾステスーパーライブを見ているわけですが、

今日のJUMPはビジュアルが整っていてよかったなあ~。

久々に長めの尺で見たウィークエンダ―が嬉しかった!

あの間奏の二分割ダンスが好きです。

最後の「スイートアンサー」で声が震えちゃうのが山田さんっぽい。

いつかしっかり安心できる生歌をテレビで披露してほしいな。

先輩方みたいに、メドレーで何曲も歌わせてもらえるグループに成長してください。

 

しかし自担グループのことを一瞬忘れるくらいの衝撃、

そう、そのグループの名はSexy Zone

なんですかあの演出は………!!!最高すぎませんか。

客席から女の子が選ばれた瞬間、「これは荒れるからジャニーズ用のTwitterは開かないようにしよう」と思ったわけですが、そんな心配を遥か彼方にぶん投げるそうさ彼らはSexyZone。

あの状態の彼らをSexyZoneと呼ぶのには抵抗がありますがとりあえず便宜上そう呼んでおきます。

昨日マリウスくんのラジオを聞いてもうびっくりする天使具合にたまげたわけですがそれはまあ置いておきましょう。

つまり今日のステージは中島健人ワールドでしかなかったわけです。

そして最後にちょっとだけ照れる彼らがやっぱりまだ少年たちで、

いろんなものを背負ってるジャニーズの期待の星だった。

勝利くんも風磨くんも健人くんもせめぎあう人たちだと思ってる。自担グループにはないギラギラが眩しい。そしてそのギラギラの中に、どうかあたたかさとゆったりした空気のあるマリウスくんと松島くんをもう一度迎え入れてほしいと思っている。そうしてバランスを取っていってほしいと切に願っています。

 

なんだろう、感想をまとめすぎたせいでごちゃごちゃしてしまいました。

 

とりあえずMステを見て思ったのは、今やデビュー順でも平均年齢でも末っ子ではないJUMPちゃんが、ジャニーズ内で永遠のフレッシュ末っ子扱いなのが不満なようでまんざらでもないな、ということでした。

 

ではまた!