読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

ただいま帰りました

 

キーボードを叩く感触が久しぶりで、思わず指がもつれるくらい。

ただいま帰りました。しらゆきです!

 

5月9日からかれこれもう10か月が経って、季節はもうすぐ春ですね。

大学の入試は一通り終わり、あとは結果待ちの状態ですが、希望していた通り関西方面の大学に進学できそうです!やった!第一志望は残念ながら駄目だったのだけれど、努力してよかったと思えるようなことがたくさんあったから、今はもうそれで十分だなと素直に思います。

スクール革命は見られなくなるし、毎日おうちに帰って小山くんを見ることもできなくなりますが、四年間1人で暮らして分かること、東京への人口の集中化が叫ばれる昨今に地方で暮らすことで得られること、いろんなことがあるとおもうので、勝ち取ってもぎ取ってまた一歩成長する糧にできたらいいなと。

 

結局あの山田くんの誕生日から一度もブログは更新しなかったわけなのですが、その間もずいぶん世界は回っていて、山田くんはアカデミー賞俳優になっていました。

大好きな山田くんが輝ける世界って美しいなと本気で考えていたりします。

 

……久々すぎて、なにを書いたらいいかちょっと悩んでいるわけなのですが(笑)

 

あれから好きな人がたくさん増えました。加藤シゲアキくんがその筆頭で、小山くんが可愛い可愛い言うからもうシゲちゃんが可愛くて仕方ない(笑)

それでも、ジャニーズより優先しなくちゃいけないことがある環境で、少しずつ自分のスタンスを考える機会が増えました。たまに、「ああなんでこんなに応援してんだろ」って思うことがあります。なにしてんだろうな~って。そういう時、二宮くんの

 

ファンの人たちの働く目的が“嵐のものを買うため”に なっちゃいけないって僕らは思うんです。

モチベーションになるのはいいけど、主たる目的に なっちゃいけない気がする。

自分で稼いだお金は その人自身に投資すべき。 俺らのこと、生活に支障がないように 好きでいてください。(笑)

 

この言葉を思い出します。わたしは、山田くんのために生きているわけじゃないし、山田くんのために勉強したわけでもないし、山田くんのために頑張るわけじゃない。でもね、「山田担です」って胸を張れるように、山田くんの名前を汚さないファンでいたいなと思うんです。山田くんに見合うファンでありたい。

 

好きな人に好きだって言って、嬉しい時に嬉しいって言って、悲しい時に悲しいって言える、そういう人になりたい。小山くんを見ていて思ったことなんですけど、やっぱりね、言葉って偉大だなって改めて思ったんです。素直に言葉にしないと伝わらないんですよね。どんなことでも。何度も何度も、「間に合わなかった」って思うようなことがたくさんあったから、言葉にしていこうと思います。誰かに届くように。自分に胸を張れるように、山田くんに胸を張れるように。

 

結局、10か月経ってもわたしは山田くんの話ばっかりしています(笑)やっぱり山田くんが好きだし、彼がずうっとキラキラ輝いてくれる限り、彼を応援していたいと思うから。

……そんなことを言いながら、書き溜めた記事がたくさん、しかも山田くん以外のことばっかりあるので、こつこつこまめに更新したいと思います(笑)やっぱりわたしは文字が好きだし、言葉が好きなんだなあ。

 

とにもかくにも、無事帰還しました。

ただいま!