読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

今の気持ちと今後について

 

ジャニーズが大好きだった。

きみたちの見せてくれる景色が大好きだった。

それがわたしの世界の真ん中にずっとあった。これからもあり続けると思ってた。

 

NYCができた時のこと。

山田くんがソロデビューした時のこと。

田口くんが脱退発表したときのこと。

いろんなことを思いだした。

 

笑顔をくれるはずの人たちから笑顔が奪われる瞬間がたまらなくいやだ。途方もないほどつらい。大好きな人たちが道具のように使われるさまが泣くほど苦しい。

 

好きでいるのがしんどいな、と思って、今月はすこしジャニーズを追うのをやめていた。

いつも見てたライブDVDも見るのをやめて、レギュラー番組も録画だけにした。ジャニオタの本能かなにかで今回の出来事を回避しようとしていたんだろうか。

あのニュースを聞いてから、Twitterを起動させることも、テレビをつけることもしていない。心配した友人たちからの連絡もまだちゃんと返しきれていない。部活に神経を注いで、いろんなことから目をそらして、生活をしている。

 

ジャニオタをやめよう、と思って、ふと身の回りを見た。

紫のカバンは、小山くん。

赤色のネイルは、山田くん。

アイオライトのネックレスは、優馬くん。

いろんなことが、たくさんのものが、わたしが彼らを好きな証拠だった。身の回り、彼らのこと思い出すものばっかりで、つらかった。

生活のあらゆる場所に彼らの欠片があった。彼らと関係の無いものを探す方が難しかった。君がいない世界は無声映画みたいだ、って、だれかの歌を思い出した。

 

 わたしの生活はアイドルでいっぱいだった。世界を彩ってくれる彼らが大好きだった。毎日が楽しかった。

なのにそんな彼らの努力を、愛を、尊厳を踏みにじるような力が、確かに働いていた。

大好きな人たちがその力の支配下にいるんだという事実そのものがたまらなくいやだった。

 

いまは、ひとりになりたくなくて、いろんな友達の家に泊まって、部活に行って、バイトに行っている。

ひとりになったら、泣き出して、死にたくなるほど辛くなるってわかってるから。

あの5人のコンサートに死ぬまでに絶対行くんだって、よく言ってた。田口くんの時もそうだった。死ぬまでに行くんだ。それっていつまでだよ。なんにもしなかったくせに。どこにも行かなかったくせに。口だけだったくせに。自分が愚かで馬鹿で嫌になる。情けない。

 

ジャニオタをやめたい、と思っている。

だけど、生活の中核に、節々に、彼らの夢の欠片が、愛が、たくさん散りばめられていて、日々を過ごすだけでたまらなく泣きたくなる。

それがいまのわたしの気持ちです。

 

今後のことについては、まだわかりません。

24時間テレビも、JUMPのコンサートも、優馬くんの舞台も、たまらなく楽しみだったのに、いまはどうしたらいいか、なんにも思いつきません。

 

一人旅に行くことにしました。

だから、ちゃんとわたしの世界を見つめてこようと思います。自分の世界がどんなものだったのか、彼らのことをどう思いたいのか、考えてこようと思います。

 

それからまた、だれかに心配をかけないように、言葉にします。ひと夏かけて、その答えを見つけます。

だから、その時まで。おやすみなさい。