読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

閑話

 

 いや、いろんなことが面倒くさいなーって思うこと、あるじゃないですか。まあそういうときって大体生理前なんですけどね。ホルモンには勝てない。眠いし。頭痛いし。

 それでもやっぱり、全部が面倒だなと思ったときに、じゃあどうしたらいいんだろうって、わたしはとりあえずテレビとかラジオとか全部消すんですよ。もう音がうるさいの。会話もそうだし咀嚼音も物音も全部がんがんするくらいうるさいの。それで一人で静かなところに来て、あーよかったって安心して、ふと気が付くと部屋のポスターの山田くんと目が合うんですよ。そんで、ごめんねって思いながら、そっと外します。いろんな面倒くさいことのなかに山田くんが入ってしまう時もあるけど、それよりもまず、こんな自分が山田くんの名を借りて、山田担です、なんて胸張れないなって。いちいち細かいことに苛立ちながら、ふっと山田くんを見ると、ああ、申し訳ないなって思うんです。この人の名に恥じない人間になりたいなっておもったりします。

 それで、究極にいろんなことが面倒になった時、わたしはすぱっとメディア全部断ちます。なんかね、それでこうして文字を打つんです。この文みたいにとりとめのないこととか、あるいは小説でも詩でもなんでもいいんだけど。言葉が出てくるのをそのまま文字起こししているみたいにして打っていくと、そのうちぶちまけ終わってすっきりして、あっさりオタクにもどっていたりするの。

 

 わたしが思うにアイドルオタクってすごく疲れる。いままでさんざん色んなもののオタクをしてきたからこそ言えるんだけど、アニメオタクより文学オタクより野球オタクよりダントツでアイドルオタクが疲れる。ここでいう疲れるっていうのは、もうやになるって意味じゃなくて、体力を使うって意味で。多分他のオタクより、期待するものが多すぎて、裏切られることが多すぎて、自分の居場所を見失いやすくなる気がする。

アニメであれ野球であれ、情報を得られる時間が決まってるわけじゃないですか。アニメだったら放映時間帯で野球だったら試合時間帯で。アニメも野球も雑誌買う人もいるけど、でもそれを買ってないからってなにかに乗り遅れることなんて無いわけだし。テレビさえあれば、もうそれだけで立派にファンとしてやっていける土台がある。要するに「本編」があるんですよ。

でもアイドルは違う。ここだけ追ってればいいって本編がないの。俳優も歌もダンスもバラエティも本業であって本業じゃなくて、彼らの本編って「アイドル」っていう、文字通り虚像じゃないですか。じゃあどうしたらいいのって、常にアンテナ張って、あっちに仕事こっちも仕事って目まぐるしく追いかけて。それでも見たことない景色、見せてくれると思って、信じてついていって、ついていった挙句裏切られるなんて日常茶飯事。求めることが多すぎて、期待することが大きすぎて、それに見合わない結果が帰ってきた時の衝撃が大きすぎるんだと思うんですね。ファンの皆が好きですっていうのと、彼女が居ますっていうの、相反するものじゃないわけですよ。嘘つき呼ばわりなんて出来ないんですよ。でも、ついつい責めてしまう自分もいて。「いまは仕事が一番って言ったじゃん」とか。お前は何様のつもりなんだ。

 

 綺麗なものだけ見せてくれってあんまりにも我儘なの、自分でもわかってます。わかってますけど、でもそれを求めずにはいられなくて、それで一人で勝手に裏切られて落ち込むの、ばかばかしいって思っちゃうことやっぱりあります。面倒くさいからポイしちゃうことあります。直接接する相手とでも摩擦が起きるのが人間なのに、こんなに分厚いブラウン管ごしで一体彼らの何が分かるっていうんですか。髪の一本すらもわかんないじゃないって。その人のこと、分かりたくてファンやってるのに。そりゃ、誰かを理解しようなんておこがましいけど、それでもやっぱり知りたいと、好きだから知りたいと、そう思ったらいけませんか。つかもうとしてもつかもうとしても結局つかめないもの、追いかける意味なんて無いじゃんって、なに無駄なことしてんだろって、好きでいるのが疲れて面倒になるのが、やっぱり生理前で、だから3日4日もしたらやっぱり呆れるくらいにアイドルを追っかけてる自分の、女としての機能にいらだちを覚える、そんな今日このごろです。書き溜めてる超大作(仮)があるので、近いうちにまたすぐブログ更新しますね。それではまた。