ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

裸足のシンデレラボーイ

 

大好きな兄が結婚しました。

 


f:id:shirayuki221:20171013233146j:image

 

兄は陸上をやっていました。

陸上のマンガや小説も大好きで、中でも好きだったのが「一瞬の風になれ」でした。

内博貴くんが主演だったドラマの主題歌はNEWSの「裸足のシンデレラボーイ」で、兄はそれを着うたにしたくらい気に入っていました。

わたしがNEWSに触れた一番はじめの時がこの時でした。

 

 

兄は山田くんより一つ下の23歳で結婚しました。最近の人にしては随分早いかもしれません。

私から見た兄はずっとかっこよくて、ずっと正しくて、ずっと大人でした。

たぶんこれからもずっとそうなんだろうなと思います。

 

 

兄のことを思うと、幸せなような寂しいような不思議な気持ちになります。

たぶん、きっと、山田くんが結婚しても、同じような気持ちになるのかも……なんてね!

恋愛とか結婚とか、ひとの人生って不思議なものだなぁと改めて思います。

ただ、きっと悪いことばかりじゃないんだろうなと思います。

いままでの全部、関わってきた人や、経験したことも全部が今の自分になって、出会えた人がいるって、素敵なことだし、すごいことだと思います。

わたしにも、兄にも、兄の奥さん(お義姉さん!)にも、そういう人がいて。みんなそれぞれに出会えた人がいて。

だから、これから先、誇れる出会いをしたいです。家族や、友や、わたしの愛するアイドル達に。

 

二十歳が一番美しかったと言わせないなんて、どこかの作家は言いました。

わたしも、そんなこと言わせたくない。若さを失っても、美しくあることが出来れば、こんなに幸せなことは無いなと思います。

 

わたしの人生のいろんなところが、結び目になって他の誰かに繋がったり、逆のこともあったりする。

わたしにしか見えない景色を見るために、夢を追うために、前を向けたらいいと思います。

だからたとえジャニーズから離れる日が来ても、彼らを好きでいた記憶はきっと宝物です。

 

 

自分のために生きようと、今は思います。

アイドルを生きる理由にしてられるのは、きっと若いうちだけだから。

生活のスパイスとして、たまに使うお気に入りの香水のようなものとして、アイドルを応援していけたらいいなと、今はそう思います。

 

流した涙は無駄にならないよ
アイツの声思い出す
壊れた夢の欠片を握り締めた
裸足のシンデレラボーイ

 

今は裸足でも、夢の欠片が壊れてても、たぶん前に進める。進もうと思う。誰かに誇れるように。

きっと幸せな日々

 

お久しぶりです。しらゆきです。

 

JUMPの結成10周年も、NEWSの結成14周年も記事をあえて書きませんでした。

理由は明後日書く記事を書きたかったからです。だけどどうしても今書きたくなってしまったので、衝動に任せて更新します。

 

この5ヶ月でいろんなことがありました。

行けなかったアリーナツアーも、まだ見に行けてないままのナミヤ雑貨店の奇蹟も気にならないくらいには忙しくて、辛くてしんどくて、先日ついにストレス性のめまいでダウンしてしまいました。

起き上がれないしかろうじて立ってもふらついて生活がままならないっていう状況になって、そういえば最近、趣味の時間ってあったっけって立ち止まってみたら、全然なかった。

 

居場所ってなんだろう。最近よく思います。

わたしがいなきゃいけない、わたしじゃなきゃいけない場所って、どこなんだろう。

例えばその居場所を捨てても、誰かが代わりに埋められるような、そんな場所にしか自分はいないんじゃないだろうか。

わたしがわたしとして大切にされる場所って、どこにあるんだろう。

あのちっぽけな紙切れがくれるドームのたったひと席が今はすごく恋しいです。

たったひと席でも、あの場所は確かにわたし宛の、わたしのために用意された居場所だから。

 

わたしの神様は、山田くんは、いまもステージで輝いています。

山田くんに会いたいと、ずっと思っています。

立ち止まっていたとしたってそこで終わりじゃないと歌う声も耳に届かないくらい、後ろを向いてばかりの私が、明後日、ずっとずっと明るい気持ちでもう一度ブログを更新できますように。

 

親愛なる24歳の山田涼介さんへ

 

 

5月9日は、わたしにとって特別で大切な日。

大好きな大好きな山田くんの誕生日です。

 

 

いつだって前に進む、眩しくって明るくってわたしの光の山田くんは、今年も主演映画を2本抱えて出番をまってる。

去年の映画も月9もまだ繰り返し見返すわたしにとってはその足取りは追いつけないくらい早い。でも、やっぱり山田くんは生活の中に自然なくらいストンといて、悲しい時、落ち込んだ時、ただ笑って歌って踊ってくれてることが何よりの励ましになったんだ。

 

好きになった小山くんに出たスキャンダルに落ち込んでた日々も、考え抜いて考え抜いてたまに逃げ出したくなりながら、それでも応援しようって決めた日も、やっぱり山田くんの笑顔がわたしの背中を押してくれる。

今だって、現実はしんどい事まみれだ。身体のこと心のこと周りの人達のこと。心配も迷惑もかけたくないのに中途半端な自分は、助けも求められないくせに人間不信になったり自暴自棄になったりする。

だけど、ふっと山田くんの雑誌の言葉や、写真を見て、一瞬でも全部頑張ってやろうって思えたり、休んじゃえって自分に優しくできたりするの。

 

山田くんの魔法は、いつもその言葉や、瞳や、指の先に潜んでいて、わたしの心に光をともしてくれる。

最高潮にしんどかった時、ラジオで山田くんが言った。

 

「色々あるよ。いっぱいあるよな、そりゃな。頑張ろうよ。俺もいるよ。頑張ろうよ。」

 

最後は山田くん特有の甘嚙みでふわふわ可愛い終わり方だったんだけど、わたしはこの声を聞いてぼろぼろ泣いてた。しんどすぎて泣けなかったのに、山田くんの声聞いたらすぐ泣いちゃったんだ。我ながら単純な作りのオタクだけど、でも、山田くんがいるからわたしは泣けるんだなって思えた。笑顔も、喜びも、涙も、山田くんがくれる。久々に聞いた山田くんの声は丸くて暖かくて柔らかくて、愛でいっぱいで。わたし誰に見栄張ってたんだろうって思った。山田くんがいてくれれば、泣かなきゃいけない時に泣けるんだ。

 

笑わせてくれて、楽しませてくれるのは、アイドルとして基本の仕事なんだと思う。でも山田くんは、泣いてもいいよって優しい声でいつもいつもファンのことを思ってくれてる。自分だってしんどいかもしれないのに、泣いてもいいんだよって言ってくれる人が、いまもあの輝く舞台にいてくれることをわたしは心の底から嬉しく、誇らしく思っている。

 

 

山田くんは思ったより意気地無しで弱虫で、だけどその弱さも全部わたしたちにパワーにしてくれる。

君がいるからわたしは泣けるし、君がいるからわたしは弱くなれる。君がくれた光はわたしの心の原動力として今もずっとここにある。

山田くんを大きくしてくれたHey! Say! JUMPは10歳になった。私は、今年で20歳になる。人生の半分、JUMPと共にいられたことをとっても幸せに思うよ。

小学生の私が見つけた、山田涼介くんへの恋心は、大きな大きな愛になって今の私のそばに居る。いてくれてありがとう。本当に、いてくれて、ありがとう。

 

山田くんの躍進は止まらないだろう。これからもっともっと大きくなっていくね。わたしはそんな山田さんを照らせるように、1歩ずつ、みっともなくても恥ずかしくても泣きながらでも歩くよ。あなたに胸を張れるように。きみのくれた光にいつか追いつけるように。

 

山田涼介さん、24歳のお誕生日おめでとう。

 

これからも、ずっとずっと、きみが望む道で、光の中を歩んでいけますように。心から願います。

 

 

山田担でよかった。これまでも、これからもずっとずっと。

生まれてきてくれてありがとう。

大好きです。

 

 

2017.5.9  Hey! Say! JUMP山田涼介担 しらゆき