読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきフレーバー

2007年9月24日。最高のクラスメイト9人に囲まれた“永遠に卒業しない学校”に入学。

立ち止まっていたとしたって

 

わたしの大好きな小山くんに、スキャンダルが出た。

 

そりゃ、30過ぎた男だ。女のひとりやふたりいるだろう。ましてやあんなにかっこいいんだから。

 

頭では分かってる。彼女がいることがショックだった訳じゃない。

ただ、しんどくて。

 

泣き虫で、メンバーが大好きで、いじられキャラで、だけど真摯で一生懸命で。そんな慶ちゃんを好きになった。

彼の言葉が好きだった。いろんなことを、言葉にして伝えてくれるところが大好きだった。逃げずに立ち向かうところが好きだった。

決して強いひとじゃなくて、明るい人じゃなくて、悲しいことも辛いこともたくさん背負って生きてきた彼が、それでも今、前だけを見て歩いているところが、うんと好きだった。

 

いま、彼の好きなところを、過去形でしか書けない自分がしんどい。

好きな人を、好きだったはずの人を、心から好きと言えない今の状況が、ただ苦しい。

好きになった人を、信用出来なくなってしまった自分が、不甲斐ない。

 

きみの言葉を信じたい。

きみの笑顔を、行動を、思いや涙や笑顔を、信じたい。

 

言葉にしてくれるところが好きだったはずなのに、いまの彼の使う言葉が信じきれない。

どうしたらいいのか、わからない。

謝ってほしいわけでも、認めてほしいわけでもなくて。

ただ、分かってるよって、ちゃんと言葉にして欲しかった。

知らんぷりをしてほしくなかった。

 

沈黙を貫くことは、見て見ぬふりをすることは、アイドルにとっては正しい選択なのかもしれない。

だけど、だけどね、あれだけファンの気持ちに寄り添おうといつも言葉をくれていた小山慶一郎という人が、その選択をしたことが、とてもショックだった。

 

 

芽生えてしまった不信感をいまだに拭えずに、暗い影に囚われたまま立ち止まった自分が、ここで終わりじゃないって信じたい。

 

うじうじして、じめじめして、ごめんなさい。

ちゃんと気持ちと向き合って、ツアーで彼に会いたいから、悲しいって思いを文字に残しておきます。

こんな話他でしたところでネタにされるだけで、泣けもしないから。

 慶ちゃん、こんなファンでごめんね。

 

夜明けの空に何を叫ぼうか?

 

今日のMステを見る前から、確信はあった。

 

ああ、泣くだろうなって。

10周年のファーストシングル。大人になった9人のパフォーマンス。そんなの泣くに決まってるって思ってた。

 

でも、わたしは泣かなかった。

このあいだまでバイトの帰り道で、真剣SUNSHINEを聞きながら泣いてたわたしが泣かなかった。ただ呆けるようにテレビに見入るしか出来なくって、嬉しいんだか寂しいんだかよく分かんなくて。

 

 

ニューシングルが届いたのは今日のことだった。

予約し忘れてた初回を探しに街に出たのにどこにも置いてなくって、仕方なくアマゾンで頼んだのが届いた。

いつも通り、CDのパッケージを開けて、そわそわしながらミュージックビデオを見たのは多分今日の夕方くらい。あれ?って思った。なんだろう、この感覚。

すごく、すごく、安心して見られた。

今までどうだったっけ。思い返してみて、あ、そうだ今までいつも、そわそわしながらミュージックビデオを見てさ、大丈夫かな、ちゃんと出来てるかなって思って、不安で胸いっぱいのまんまハラハラしながら見てたの。それがなかった。それがなかったとき、あ、もう一歩先にいってるんだなって思った。

 

9人のパフォーマンス。大御所の人も居て、いつもならトークも不安でそわそわしちゃうのに、なんだか安心して見られる。JUMPの番が来ても、今までみたいに指先冷えたりそわそわしたりしなくて、「Hey! Say! JUMP」のパフォーマンスを見られたんだ。

 

 

わたしは縋り付いてたんだ、って気づいた。

 

「未熟なJUMP」に縋り付いてたんだって、今日やっと気づいた。

いつの間にかJUMPはわたしを追い越して、ほら行こうよって手を伸ばしてくれてた。それに気が付かなくて、気がつけなくて、わたしはずっと後ろを振り返っては、「大丈夫かな、来てるかな」って一人で勝手に不安になって、心配して。

 

止まってたのはわたしのほうだった。

気がついてあげられなくてごめんね。

それから、ずっとずっとそばに居てくれて、ありがとう。

 

わたしが今日出会った初めての「Hey! Say! JUMP」は、10年目の貫禄と20代の若々しさを兼ね備えた最高で最強の国民的アイドル。わたしが見てきた、ちっちゃくてか弱くて、9人で身を寄せ合って生きてるようなJUMPはもういない。

 

10年後をそっと想像してみた。2027年。Hey! Say! JUMPは20周年で、わたしは多分30歳。いまなにしてるかな?誰といる?どこにいるんだろう。

グループがやっとハタチになりましたって笑ってるJUMPはそこにいるかな。幸せな毎日送ってるわたしはそこにいるかな。それから、そこにいるわたしは、まだJUMPが好きですか?10年後の自分に聞いてみた。

そしたらね、もう十分って、幸せそうに笑ってる気がしたんだ。

 

2017年はHey! Say! JUMPの10周年イヤー。

だからもうここで、区切りにしよう。「未熟なJUMP」に縋って、甘えて、帰る場所にするのは、やめよう。

 

ずっと考えていました。区切るなら、きっと、今なんだろうって。

でも踏ん切りがつかなかった。甘えてた。今の居場所が心地よくて。居心地が良くって。

傍から見たら変わらないかもしれないね。でも、わたしのなかでちゃんとはっきりさせておきたいこと。

 

2017年いっぱいで、Hey! Say! JUMPから離れます。

山田担のまま、JUMP担を降ります。

 

「後悔したくないから」って理由だけで動いている自分に気が付きました。

「せっかく今まで集めてきたんだから」って初回盤を注文する自分に気が付きました。

それが誠実じゃないってこと、わかってたのに見ないふりしてました。

いまのJUMPを一番ちゃんと見られてないのは自分だって気が付きました。

その大きさに圧倒されてる自分にも。

 

でもね、NYCが出来て、JUMPから距離をおいたときとは違うんです。

違和感を覚えてるわけでも、嫌になったわけでもないんです。JUMPが大好きです。

あの時と違って、いまは、「またね」ってJUMPに笑える自分なんです。

買いたくなったらCDだって買うし、コンサートだって行くよ。

ほんとに傍から見たらなんにも変わらないかもしれない。これは単なるわたしの気の持ちようの問題。なんならいつか帰ってくるかもしれない。

だからぜんぜん寂しくなんてなくって、今は10周年のコンサートが楽しみ!

 

夜明けの空に何を叫ぼうか?

 

わたしは、君たち9人への愛を叫ぶよ。

 

Hey! Say! JUMPが大好きだ~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!

 

ジャニオタ、子宮内膜症になる③

雑記

 

あけましておめでとうございます!年内にあげようと思っていた記事をお送りします!

個人的ニュース2016堂々の第1位を飾った子宮内膜症の手術~術後について、メモ程度ですが残しておこうと思います!

個人差があるのでなんともいえないのですが、どこかの誰かの力になれれば……!

 

 

■手術当日〜12/22〜

朝から水分もなしで手術室に向かいました。同じ手術の人が一緒に手術室へ行ったのでちょっと心強かったです。

全身麻酔だったので、ほぼ記憶ないんですが、左手の甲に針を刺された瞬間めっちゃ痛かったのを覚えてます(笑)

 

術後はほんとに声が出ないの!!!びっくりした!!!手術中の酸素マスクの影響だそうです。あんまり覚えてないんだけどとりあえず一番最初の記憶は

 

「いまなんじですか(デスボイス)」

 

って看護師さんに聞いたことでしたかね……なぜそんなに時間を聞きたかったのか……

母いわく半日くらいぼーっとしてたそうです。ほんとに記憶無い。ちなみに父はそんな私の写メをとろうとして母に止められていたそうです(母談)。すげえ父親だなおい。

 

この日は痛みがすごかった……まじで死ぬと思った。最大限痛み止めもらってました。普通に泣きながら痛いよーって言ってた。明日から歩くとか正気か????って思ってました。

点滴をつけていたので1日食事なし。食事できる状況では無かったんですけどね。

ちなみにこの痛み本当個人差があるらしく、私の隣に入院してた人はそこまで痛くないと言ってましたね。

 

 

■術後1日目〜12/23〜

この日が痛みのピークでした!夜も痛くてあんまり眠れなくて、朝ごはん(おかゆ。ほぼ水でした笑)もあんまり喉を通らず。尿管を抜くために、トイレまで歩くよう言われるんですけど、あのね、無理(真顔)

起き上がる瞬間と立ち上がる瞬間がすごかった。痛いしめまいすごいし死ぬかと思いました。生きてます。人によっては歩くと吐き気がするらしいですよ。

歩きだしたらわたしは割といけました!自分なりにはサクサク(笑)歩いたつもりでしたが、めっっっっちゃ遅かった…………生まれたての子鹿の気持ちが分かりました。

心の中のシゲ「待ってお前ほんとそれ本気でやってる?!?!えっ?!?!蟻じゃん?!?!?!」蟻でした

 

夕方頃友人が来てくれたんですけど、長いこと座ってるのがしんどかったですね〜。ふらふらでした。バームクーヘンとみかん(2キロ笑)もらいました(笑)

Mステスーパーライブを病室で見て、乃木坂~欅坂のパフォーマンスでうっかり泣いたのを覚えてます。

 

■術後2日目〜12/24〜

この日はお見舞いに人が来る予定がなかったのでのんびり過ごしました。痛みはだいぶマシになってました。

とにかく歩くように言われていたので、母と一緒に病院地下のコンビニへ行ったり、うろうろその辺を歩いたりしてました。とにかく歩くのが遅い。あと、傷をかばって歩くので若干前かがみになるからか、腰が痛くなってきました。

あと術後初のシャワーを浴びました。傷跡見るのめっちゃ恐かった……おへそが星型になってて思わず「A.B.C-Zだ……」って思ったよね。

クリスマスイブでしたね〜病院食でチキンとケーキが出ました。ほくほく。


f:id:shirayuki221:20170112152430j:image

 

■術後3日目〜12/25〜

歩くのは大変ですがなんとか移動するのが自然になりました。クリスマスという事実がわたしを追い詰める!はぁ〜〜小山さんお見舞いに来て〜〜と思いながらごろごろしてました!

夕方頃から部活の同期や先輩がたくさん来てくださって、おっきい抱き枕とか可愛い靴下とかネイルとかプロテインとかもらったのがすごい嬉しかったです。でもやっぱり座って話し続けるのは大変でしたね……フラフラしてました。

夜は待ちに待ったNEWSのおしゃれイズムを見ました。彼氏〜〜〜。゚゚(*´□`*。)°゚。

 

 

ということで術後はほんとに歩くのが遅くて、あと体力が尋常じゃなく落ちててびっくりしていました。 

年末年始は実家に帰省し、今日現在、大阪で相変わらず一人暮らしをしながら大学に通っていますが、体力が落ちているのと無理な運動は控えるよう言われたので、今週はゆっくり過ごしています。

自転車もあんまりよくないらしいのですがこれに乗らないと大学に間に合いません(笑)

あとは走らないようにしたり、傷口に当たらないゆったりとした服を着るように心がけています。階段じゃなくエレベーターを使ったり。動くことも大切なんだと思いますが、しんどい時はちゃんと(?)手を抜いてます。 

 

来週からバイトに復帰して、再来週の検診の結果次第では部活も復帰したいな〜と思っていますがどうなることやら。

とりあえず、わたしは生きてます!これから大変なことも多そうだけど頑張るよ!またなにかあればここで報告します。

 

年末年始JUMPに会えなかった分、今年はたくさん会えますように!